CREATORS・CHARITIES・NETWORK北海道

北海道内において、チャリティー活動をするクリエーターたちの、応援サポートネットワーク『C・C・N 北海道』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回クリエイターズチャリティ展【開催終了のご報告】

今月11・12日の二日間開催いたしました「第11回クリエイターズ・チャリティ展」は無事に終了いたしました。
ご来場、ご購入くださいました皆様、開催に際してご協力くださいました団体、個人の皆様に心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。
今回は本人出展、委託出展、クジ景品として出品合わせて約20組の作家にご参加いただきました。
規模的には今までで一番小さな開催となってしまいましたが、連続開催最終回ということもあり、規定の5割寄付を超えて売上の全額を寄付された本人出展者が多数いらっしゃいましたので、今回の寄付金合計は177,195円となりました。

※連続開催が一旦終了となるため、前回より分担いただいておりました運営費の残金も寄付金に加えさせていただき、そこから振込手数料340円を差し引いた金額です。

全11回分の寄付金合計額は、1,846,828円となりました。

東日本大震災から6年目を数えながらも、まだまだもとの生活を取り戻したとは言えない方々が多いのが現実だと思います。
私たちの活動も十分成し遂げたとは全然思っていません。
しかし、今まで通りの開催形態が難しくなっている現状から、一旦活動内容を見直す時期と判断するにいたりました。

復興支援などが必要のない平和な世界が、もちろん一番ですが…
またいつか、クリエイターズ・チャリティが開催されることがありましたら、また改めてご協力いただきますようお願いいたします。

(CCN代表 林)
スポンサーサイト

第11回クリエイターズチャリティ展・参加作家さんのご紹介


第11回「クリエーターズ・チャリティ展」
2017年3月11日~12日(土日)
JR旭川駅 旭川観光情報物産センター内
両日10時から17時
【寄付先】:認定NPO法人カタリバ「コラボ・スクール」

〔作品売り上げの半分を東日本大震災の被災地の子供たちの学習のために活動している
認定NPO法人カタリバに寄付いたします。
3.11震災発生の直後3月27日に第1回を開催してから11回目の今回で
チャリティ展は一旦終了ということにいたしました。
全国各地で震災が起こり、このままの形での継続ではむずかしく
方向性を考えて、また検討していきたいと思います。

会場では毎回人気の手作り作品が必ず当たる、空クジなしのチャリティ100円くじをやるほか、作家それぞれの手作りの作品が並びます。

今回協力してくれる作家数は18名。
日替わりでの参加者もいますので、お楽しみに!

2日間
●Bitter Nuts (木の焦がし絵アクセサリー)
https://www.facebook.com/handworksbitternuts/
●てじまともこ (イラスト作品)
http://www.tomokotejima.jp/
●craft Manu (ワイヤークラフト)
http://slcommer6611na.blog.fc2.com/
●Garden sisters (羊毛作品)
http://gardensisters.blog100.fc2.com/
●アトリエ・ズーヤン (手描きぬいぐるみとイラスト雑貨)
http://blogs.yahoo.co.jp/atelierzooyan

土曜日のみ
●アトリエ ペチカ (陶芸作品)
●やどり木堂  (陶芸ブローチ)
●ゆかり陶房 (陶芸)
http://yukari-toubou.com/

【作品協力】*本人は来ず委託での協力です。
●pooh fooh fooh (猫雑貨)
https://m.facebook.com/poohfoohfooh/
●petit fraise (レジンアクセサリー)
http://p-fraise.com/blog/
●orica  (ハンドメイド雑貨)
https://www.instagram.com/oricat2/
●紡  (ガラスアクセサリー)
https://tumugu-0822.jimdo.com/
●MIZUO (イラスト作品)
http://ameblo.jp/elproducts/
●ミニチュア化計画 (写真)
http://toruxtoru.web.fc2.com/
●ruka*ruka  (ハンドメイド布雑貨)
http://ameblo.jp/rukaruka8888/
●ブルーベリーHOUSE (ハンドメイド布雑貨)
http://ameblo.jp/nunodoll/
●mariko (陶器アクセサリー)
http://gekkoudoll.blog24.fc2.com/
●MAT. (エコクラフト)
http://ameblo.jp/handmade-mat/

クリエーターズ・チャリティ展 【各回共通】 出展要項

【クリエーターズ・チャリティ展 各回共通出展要項】

※赤文字部分は変更点です。

※【運営負担金】が新たに加わり、それに伴った変更点も数ヶ所あります。

【お願い】出展を希望される方は、必ず全文をお読みになり十分に内容をご確認ください。

【出展資格】
・ オリジナル作品を手作りしている作家本人(作品ジャンル問わず)であり、ご自身の作品を販売可能な方。
・ 被災地復興支援の義捐金として、作品の販売売上金より寄付する事の有意性を理解し同意して頂ける方。

【出品販売が認められる作品】
・ 出展者本人の作品
・ 出展者との間に実質的に親しい交流関係があり、作品の特性や技法などを詳しくお客様に説明が可能な、友人(作家)の手作り作品(委託販売)。但し、委託販売は出展したい意思があり、本人の当日会場常駐が困難な場合に限る。

【出品販売が認められないもの】
・ 仕入れ品
・ 交流関係の無い作家の作品
・ オリジナル性の無いもの(キットを組み立てただけのものや、模倣品など)
・ 動植物
・ 危険物
・ 周りの人に対する危険性や不快感を与える恐れのある、音・振動・臭い・光線などを発生するもの
・ 法律及び条例に違反するもの、及び公的秩序を乱すもの
・ 会場施設で認められていないもの
・ 独自の加工が施されていないもの
・ (※1)材料として利用される目的にあるもの
  (※1)手作りのオリジナル品であっても、そのもの自体がひとつの作品として完成しておらず、観賞用や生活雑貨や装飾品などとして、そのまま使用可能ではなく材料として扱われるもの。( 例:[×]手漉き和紙 -[○]手漉き和紙の便箋 [×]草木染の糸 -[○]草木染の糸で作った衣服 )
・ 主催者(代表)が、出品販売を認められないと判断したもの

【“手作りによるオリジナル作品”の定義】
・ 立案から完成まで(※2)一貫して作家本人が制作にあたり、制作本人の作家名または固有のブランドで販売される作品。
(※2)印刷や製本など商品化にあたり、技術や機材的に専門業者に外注を必要とする場合を除く。
・ 企業内の製造ラインによる製造品や、複数の従業員での分業による製造品、または企業ブランドの製品として製造された作品は、“手作りによるオリジナル作品”としては認められません。

【出展者の役割】
当C・C・Nは、イベント企画団体ではなく、チャリティ展に出展される作家さん同士を繋ぐネットワークです。
即ち、クリエーターズ・チャリティ展は、出展者の皆さん全員で開催するものであり、皆さんが主催者となるわけです。
但し、運営に際し全ての決定事項において、全員の意思確認をしながらの運営は困難なため、代表数名により企画を進めさせて頂きますが、出展される皆さんには一出展者ではなくて、主催者としての認識も合わせて持って頂き、宣伝告知活動や円滑な運営が行えるよう、ご理解とご協力をお願い致します。

【その他の出展について】
以下の事項に関しては各開催毎に会場の使用条件等に照らし合わせて、出展可能か判断致します。
・ パフォーマンス(演奏・歌唱・大道芸など)
・ 販売を伴わない制作実演
・ 飲料及び食品の販売
・ 電源や火器を必要とする展示及び実演
・ その他、主催者(代表)が判断を必要とする案件

【運営負担金について】
当クリエーターズチャリティ展は、売上から出来る限り多くを義捐金とすることを重視しており、活動を継続していくためにも出展者の負担を、出来る限り軽減することが重要と考え、これまで出展料を頂かず、諸経費(DM・ポスター等の制作コスト、通信費など)に関しては担当者の持ち出しで、可能な範囲で対応して活動してまいりましたが、今後は集客性の強化などを含め、更に充実した対応を図ることを目的とし、運営にかかる経費を出展者の皆さんで分担して頂くことと致しました。
つきましては、本人出展と委託出展で、ご負担方法が異なります。

・本人出展の負担金:1,000円を開催日当日に集金させて頂きます。
 ※(1日のみの出展、2日間出展のどちらも一律同額)

・委託出展の負担金:売上金額の50%(上限1,000円)を終了後に差し引かさせて頂きます。
 ※(50%相当額が1,000円を越える場合には1,000円と致します)

・チャリティくじの景品用にのみ出品して頂く場合は、ご負担金を頂きません。

※経費の内訳は開催終了後に、出展者の皆様にお知らせし、残金は次回開催分へ繰り越しとさせて頂きます。


【売上金に対する寄付の割合と集金について】
本人出展の場合は、売上金の50%を寄付金として、終了時に各出展者から集金します。
委託販売の場合は、売上金の50%を運営負担金として(50%相当額が1000円を越える場合は1000円)を差し引いた残りを寄付金とします。
チャリティくじの売上は全額を寄付金とします。
ただし、本人出展者で50%を超える金額を寄付されたい場合には、集金時に個々に受理します。


【義援金の寄付先について】
各開催毎に検討し決定いします。

【特例】
・ 身体的または健康上の事情などにより作家本人の会場常駐が困難な場合においては、申し出て頂き主催者(代表)が認めた場合に限り代理人による販売を認めます。

【一部募集内容を変更しました】第11回クリエーターズ・チャリテイ展出展要項

3・11東日本大震災から、もう少しで6年目を向けようとしている今被災された皆様の状況や、復興支援する側の状況も、そして復興支援に対する世間の意識も、かなり変化して来ていると感じています。

また、東日本大震災の他にも、いくつもの大災害が各地で発生しました。

被災地から「もう支援はいらないよ」と言われるまで続けよう!という想いで毎年続けてきた、私たちの「クリエーターズ・チャリティ展」ですが、状況が変化している中で、私たちの活動内容も一度見直すべき時期なのではないかと考えました。

そこで、今回の第11回「クリエーターズ・チャリティ展」の開催をもちまして、一旦毎年連続の開催を終了させていただく決断をいたしました。

その後の活動に関しましては、また改めて詳細をお知らせさせていただきたいと思いますが、
状況に応じて随時開催とし、3・11以外にも様々な被災地に向けた支援ができるように活動内容を見直す予定でおります。

今回が、連続開催最後の出展者募集となります。

以下の出展要項をご確認いただき、一組でも多く出展していただけたらと願います。

【出展申込される皆様へお願い】
代表の私(林)は、都合によりしばらくの間、お申し込み等への十分な対応が困難なため、大変申し訳ありませんが、
今回は、出展の申し込みをされる場合は、居住地域に関わらず、全ての申込先を、旭川担当の手嶋宛のみとさせていただきます。
※万一私宛にお申し込みいただいた場合でも、受理いたしますのでご安心ください。


・・・・・・・・・・

私たちが継続開催しております「クリエーターズ・チャリティ展」は一般的な販売イベントと異なり、作家さんの負担軽減も考慮しつつ、寄付率重視でチャリティ性に特化したイベントですので、開催方法に関して独特の規定などがありますので、どうか十分にご理解頂いた上で、お申し込み頂きますよう、よろしくお願い致します。

なお前回の開催から出展して頂くにあたり、出展者の皆さんに、運営費を分担して頂く【運営負担金】とい う条項が、新たに加わりました。
それに伴い、いくつかの変更点がございますので、以前出展された方も必ず、【第11回出展要項】とあわせて【各回共通出展要項】の内容も今一度、十分にご確認ください。

※はじめて出展の申し込みをされる方は、当ブログに掲載の【各回共通出展要項】を必ず全文お読みになり、ご確認頂いてからお申し込みください。

なお、お申し込みフォームはありませんので、下記の【申し込みに関する必要事項】をコピーしてメールでお申し込みください。
【ご注意】※質問項目は消さずに項目毎にご記入頂き、質問項目と一緒に送信してください。(処理作業の都合上、回答文のみの送信はお控え願います)


【『第11回クリエーターズ・チャリティ展』出展申し込み要項 】
※必ず全文に目を通して十分内容をご確認頂くとともに、ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

【会場】:旭川駅構内・旭川観光物産センター『 駅naka 』

【開催日】:2017年3月11日(土)・12日(日)の2日間
【時間】:両日10:00~17:00

【会場費】:無料です。

【運営負担金】:今回から「運営負担金」を下記の通り出展形態により、徴収します。
※詳しくは「各回共通出展要項」にて、ご確認ください。
《本人出展》:1,000円/1組(1日のみ出展・2日間出展ともに一律同額)
《委託出展》:売上の50%(上限1,000円)〔50%相当額が1,000円を越える場合は、1,000円とする〕
《くじの景品のみに出品》:「運営負担金」無し

【売上からの義援金寄付率】:
本人出展の場合は、売上金の50%を寄付金として、終了時に各出展者から集金します 。
※(50%の寄付金から運営負担金分の1,000円を差引かないでください。)
委託販売の場合は、売上金から「運営負担金分」を差引いた残りを全額寄付金として集金します。
チャリティくじの売上は、全額寄付金と致します。
ただし、本人出展者で50%を超える金額を寄付されたい場合には、集金時に個々に申し受けます。

【寄付先】:認定NPO法人カタリバ「コラボ・スクール」

【会計】各ブースごとに出展者自身で行って頂きます。
各自で釣り銭と包装資材などは、ご用意してください。

【出展申し込み期限】:2017年2月10日(期日前に定員を満たした場合は、その時点で募集を終了させて頂きます。)

【出展日数】:原則的には2つ日間両日とも出展して頂きますが、どうしても1日のみの出展を希望される場合は、[申し込みに関する必要事項]のアンケート最終項目の欄にご記入ください。
※2日間をグループ出展で当番シフトにして頂いても構いません。

【ブース数と1ブースのサイズ】:全ブース数:10区画/1ブース:テーブル約1台分程(約70㎝×8 0cm程度)です。
※今回は会場の広さが約半分になりましたので、募集数を半減させました。
※(ブースの大きさは大体の目安です。配置場所や使用什器の形状によっては多少の差が生じます、また当日、使用什器のサイズの兼合いなどにより急に配置換えをお願いする場合がございます。また、出展者数が定数に満たない場合には1ブースあたりのサイズを広げさせて頂く場合もあります。その場合は確定後速やかにお知らせ致しますので、予めご了承ください。)
※(高さの制限はありません。常識的な範疇で安全性に十分配慮の上、工夫して陳列してください。)
※什器は原則として自前でブース内に収まるサイズのテーブル等をご用意して頂きます。
もし、どうしても什器の持参が困難な場合はアンケートの最終項目の欄にご記入の上ご相談ください 。)


【ブース申し込み限度数】
※変更になってます。
:委託の無い出展者は1ブースまで
:委託がある出展者は2ブースまで


【委託販売(受託販売)に関して】
1:委託をお引受する場合は、作家ご本人と交友があり作品及び技法に関して、お客様に対して十分に説明が可能な場合に限ります。
2:それぞれの作品の大きさや形状によって陳列具合に差が生じると思われますので、委託引受件数や作品数に限度は定めませんが、ご自身の作品数量との兼合いをお考えの上、委託引受件数及び引受作品数は各出展者ご自身でお決めください。
3:委託作家さんの情報は、お引受する 出展者(受託者)さんがまとめて「C・C・N」に申し込んでください。
※(委託作家さん自身から「C・C・N」への申し込みは不要です。)

【C・C・Nメンバー特別委託枠】
:C・C・N登録メンバーに限り、他の出展者に頼らず委託販売が可能なブースを設けます。
2:管理は主催代表数名で行います。
3:但し、次の条件を満たせる場合に限ります。
※開催日の前日までに必着で、C・C・N本部:林または、旭川支部:手嶋まで発送可能か、初日搬入時に持ち込みが可能な場合。
※売れ残った作品を着払い(返送料作家負担)で返送させて頂くか、最終日の搬出時に必ず回収に来る事が可能な場合。
4:この特別枠で出展の場合も下記の [申し込みに関する必要事項]に記入の上、お申し込みください。


【100円チャリティくじ】
1:各出展者さんから任意で(定価100円以上の)作品の提供をお受け致します。
 ※(当日会場にて作品をお受けいたします。)
2:販売出展せず「くじ」のみに参加のお申し込みもお受け致します。[申し込みに関する必要事項]に記入の上、お申し込みください。
 ※(当日会場に直接お持ちになるか、事前に送料自己負担で発送してください。)
【注意】ただし、事前の申し込みが無い方からの出品は、お受け出来ませんのでご注意ください。
また、くじの景品であってもオリジナル作品に限ります。
キャラクター物など、著作権侵害の可能性があるものはお断りいたします。
3:くじの売上は全額寄付させて頂きます。
4:終了時に売れ残った作品は原則的に次回のくじの景品として繰り越されます。
 ※(回収希望の作品はお返し致します。)

【作品の安全性について】
:ここで言う安全性とは、製造技術的な安全性と使用素材や資材の安全性などについて、明らかに見てとれる不具合に対してです。
例えば、接着不良で剥がれてしまう、縫製不良でほつれてしまう、強度不足で壊れやすい、使用資材が不良品…などです。
このような作品を安易に展示販売してしまいますと、その作家さんのみならず「クリエーターズ・チャリティ展」の信用性をも失いかねません。
決して、経験量やプロかアマチュアかの差を問うものではありません。
一定基準に照らし合わせるなどの判断審査などはありませんので、作家さんご自身が責任をもって、お客様にお渡し出来る仕上がりかどうかご確認の上、販売をお願い致します。
※なお、ちょいキズ品などとして値引き販売される場合には、お客様に対して十分なご説明をお願い致します。

【その他の決定事項】
1:次に挙げる出展希望は使用会場の都合により、今回の出展は不可とさせて頂きます。
* パフォーマンス(演奏・歌唱・大道芸など)
* 販売を伴わない制作実演
* 飲料及び食品の販売
* 電源や火器を必要とする展示及び実演
* その他、C・C・N代表者が不適切と判断した場合
2:作品以外の陳列に関して、出展者ご自身の名刺・参加イベントのPRチラシなどをご自身のブース内に置く事が出来ますが、作品及び作家活動または、参加や応援されている復興支援活動などに、全く関連の無い陳列は認められません。 

【申し込み先について】
旭川支部担当:てじまともこ宛てにお送りください。
なお、送信頂いたお申し込み内容は全て、本部:林と旭川支部:てじま両方で共有させて頂きます。

C・C・N北海道・旭川支部:手嶋 智子
※(名前をクリックで手嶋さんのホームページが開きますので、そちらの[お問合せ]より送信してください。)



・・・・・・・【申し込みに関する必要事項】 ・・・・・・・・
※ 以前出展された方も、省略せずに必ず全項目にご記入お願いいたします。出展者紹介などで、屋号やURLなどをコピー&ペーストしますので誤字脱字にご注意ください。

1. 出展名《屋号または作家名》(よみがな)

2. 本名(よみがな)

3. 作品のジャンル(複数の場合はメインのみ)例:イラスト・陶芸・とんぼ玉…

4. ホームページ・ブログをお持ちの方は、いずれかのURL(ブログでの出展者紹介でリンク貼ります)

5. 住所

6. 携帯電話番号(携帯電話をお持ちでない方は、ご自宅の電話でも可)

7.メールアドレス(基本的にはPC、携帯のみの方は当方からのPCメールを受信出来る設定にしてください。)※送信エラーの場合、再送信出来ない場合があります。

8.出展形態はどれですか?
【 本人単独(グループを含む)出展 / 本人+委託出展 / メンバー特別委託枠 / 100円くじのみ 】

9.(本人+委託ありの場合のみ)委託作家の情報
A 屋号または作家名
B 本名
C 作品のジャンル
D ホームページ・ブログのURL
E 住所
F 携帯電話番号
G メールアドレス(基本的にはPC、携帯でも可)
H 初参加の場合は自己紹介文と作品の画像

10.初参加の方は、作家活動の内容を含めた簡単な自己紹介文と作品の内容が分かる画像を1~3枚程度添付してください。
※【ご注意】初参加の作家さんは、お申し込み内容を確認させて頂いた後、参加が可能かどうか決定させて頂きます。

11.アンケート(必ずお答えください)

イ: 2日間とも出展、1目日のみの出展、2日目のみ出展、のどれを希望しますか?

  A・両日とも可能  B・11日(土)のみ  C・12日(日)のみ

ロ: 委託のある出展者にお聞きします。
   ブース数はいくつ必要ですか?
A、自分用の1ブースのみ
B、自分用と委託用で2ブース

ハ: クリエーターズ・チャリティズ・ネットワーク北海道(C・C・N北海道)の登録メンバー以外の方にお聞きします。
当ネットワークに登録(無料)を希望しますか?(開催案内や出展申込は登録メンバーを優先します)

  A・希望する B・希望し

ニ: その他、何かありましたらお書き添えください。

寄付金の送金を完了しました。

『クリエーターズ・チャリティ展vol.10』の売り上げより、東日本大震災復興支援の義捐金として、NPOカタリバ・コラボスクールに、寄付金81,525円の送金を完了しました。


20160308205454907.jpg

第1回目の寄付金から合わせますと、合計1,636,301円となりました。

多くの被災された方々の、苦難を考えれば、これはほんの小さなことなのかもしれないけれど…
それでも、「自分にできる支援を続ける」その想いが確実にかたちになっていると感じます。

これからも、一日も早い復興を願って、続けていきます。
「私たちにできる支援のかたち」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。